【送料無料】dBTechnologies ES503 + オーディオテクニカ デジタルワイヤレスマイク2本付き キャリングケースセット【ラッキーシール対応】:楽器のことならメリーネット - cbb00

2019-10-08
カテゴリトップ>PA>PAセット>dBTechnologies>ES503
【送料無料】dBTechnologies ES503 + オーディオテクニカ デジタルワイヤレスマイク2本付き キャリングケースセット【ラッキーシール対応】
【構成内容】サテライトスピーカー×2/パワードサブウーファー×1/サテライトマウント用ポール×1/オーディオテクニカデジタルワイヤレス(マイク2本・2ch受信機)/4chアナログミキサー×1/ミキサー接続用ケーブル×1/汎用スピーカースタンド×1/スピーカーケーブル15m×1
学校や商業設備、会議室にお勧めの軽量&コンパクトな
サテライトスピーカー付き簡易PAシステム
スタッフのコメント:
【セットの特長】
非常にコンパクト&軽量に使えるデジタルワイヤレスマイク2本付き簡易PAセットです。ワイヤレスマイクにはaudio-technicaのデジタルワイヤレスをセットに。小型の受信機で2本のワイヤレスマイクを同時に使用することができます。

セットのミキサーもコンパクトさを重視し、4chのシンプルなアナログミキサーをセットに致しました。マイク入力の2つはワイヤレスシステムで使用するため、接続できるのはキーボードやCDプレイヤーといったラインレベルの機材のみとなります。

さらに、PAシステムをステレオで鳴らせるようにした社外製スピーカースタンドも付属。サテライトスピーカーはポールマウン時に縦に2つ連結させることができますが、スピーカースタンドを使用すれば、左右2つのステレオセッティングにできます。もちろん、スピーカー接続用ケーブルもお付けします。
会場が横に広い場合などはステレオセッティングが便利です。 汎用のスタンドを使用することでコストを抑えることができました。

【商品の特長】
イタリア・dBTechnologiesの可搬性に優れた音響システムES503。見た目からはギャップを感じるほどの軽量感で簡易的な音響設備や持ち出し用の機材に最適な製品です。dBTechnologiesらしい綺麗めなサウンドで癖がないのであらゆるジャンルにお使いいただけると思います。
特に長時間の講演には聴き疲れしにくいサウンドでセミナーや講習会、講演にジャストフィットしそうです。サテライトスピーカーはウーファーに取り付けできるため、設置性に優れています。結婚式の二次会や演奏に力を入れている飲食店などに最適です。

サテライトスピーカー1つのなかに4つのスピーカーが組み込まれており、体育館やしっかりとした講義室などに見かけるアレイスピーカーを縮小させたような効果が得られます。1つあたりのスピーカーの口径が小さいため、小パワーで人の声を効率よく伝えられるようなそいった設計になっていると感じとれました。

サテライトスピーカーは指向性がハッキリしているので、狙って音を届けるタイプのスピーカーですね。カフェやバーなどで特定のエリアには音を届けたいけれど、厨房やバックヤードにはあまり音を届けたくない、という用途でしたらBOSE(ボーズ)のL1 COMPACKよりもこちらのES503が適しているように思いました。
展示会場などでも、近隣ブースに音を漏らしたくない、ということでしたら指向性がはっきりしているES503が活躍しそうです。
指向性がはっきりしているということは、マイクの位置を調節することでハウリング対策をすることもできます。
BOSE(ボーズ)のスピーカーシステムのようにengineered sound processorが無くてもパワードミキサー単品で完結できるのが良いですね。拡張の際に専用のオーディオエンジンを買うとなると、結局高くついた!ということもしばしばありましたので。

逆に1つのスピーカーでなるべく高範囲へ音を届けたい、あるいは派手なオーディオ系サウンドが欲しいということであれば、BOSE(ボーズ)のL1 Compactをお勧めいたします。BOSEらしい派手なサウンドが簡単に会場へ行き渡りますよ。

【メーカーサイトより】
dBTechnologies ES(Entertainment System)シリーズは、サテライトスピーカーとサブウーハーによって構成された軽量コンパクトなポータブルPAシステムです。Bluetooth®接続とステレオ出力が可能なES 503と機能を絞り更にシンプルな操作性を実現したES 802の2機種をラインナップ。ショッピングモールやホテル、レストランなどの商業施設内での小規模PAシステムの構築を容易にします。両製品ともにマイクインプットおよびステレオAUXインプットの系3チャンネルを装備。外部ミキサーを使用せずに、音楽ライブからトークショーなど幅広い用途でご活用いただけるスタンドアロンPAシステムです。

■システムの概要
推奨規模※BGM:100平米ほどの室内
ライブ:アコースティックライブ
最大出力1,000W
マイク入力数1
電源100V 50/60Hz
※規模につきましては会場の反響度合い、必要とする音量感によって異なりますので、参考程度になさって下さい。

【主な仕様】
最大出力1000W/実用最大出力
アンプ形式Digipro G3クラスD
最大音圧レベル121dB
指向性 (HxV)95×65°
スピーカーMF-HF : 3インチ フルレンジ×3 (1個あたり)
LF : 12インチ×1
電源100-240V 50/60Hz
周波数特性[-10dB]37Hz 〜15kHz
外形寸法スピーカー:95(W)×360(H)×137.5(D)mm (突起部を含まず)
サブウーファー:465(W)×400(H)×430(D)mm (突起部を含まず)
重量スピーカー:1.9kg/個
サブウーファー:16.4kg

■ワイヤレスマイクの仕様
無線周波数帯2.4GHz ISM バンド
受信距離見通し距離60m
最大同時使用可能数10チャンネル
受信機出力端子バランスXLR / 2系統 アンバランス / 2系統
電源受信機:付属ACアダプター
送信機:単三電池2本
動作時間約6時間
付属品ラックマウントアダプター(長)、ラックマウントアダプター(短)、連結プレート、 ゴム足4個、リンク用ケーブル、固定用ネジ10本、ACアダプター、ユニットホルダー(AT8690)2個、 アンテナ4本、木ネジ4本、マイクホルダー(AT8456a)2個、変換ネジ(3/8-5/8)2本
保証期間ご購入後1年間
製造デザイン設計、技術提供、生産管理ic部品 = 日本
組立工場 = 中国

【Q&A】
■Q1.スピーカーを増設することはできますか?
パワードミキサー部にあるAUX OUT端子からラインレベルのオーディオ信号を取り出せます。パワードスピーカーもしくは同製品ES503でしたら増設可能です。

ご確認ください。
※仕様および外観は改善のため予告なく変更することがあります。














dBTechnologies ES(Entertainment System)シリーズは、サテライトスピーカーとサブウーハーによって構成された軽量コンパクトなポータブルPAシステムです。 BluetoothR接続とステレオ出力が可能なES 503と機能を絞り更にシンプルな操作性を実現したES 802の2機種をラインナップ。ショッピングモールやホテル、レストランなどの商業施設内での小規模PAシステムの構築を容易にします。両製品ともにマイクインプットおよびステレオAUXインプットの系3チャンネルを装備。外部ミキサーを使用せずに、音楽ライブからトークショーなど幅広い用途でご活用いただけるスタンドアロンPAシステムです。
■スタッフレビュー:BOSE L1COMPACTとの比較

1.音の傾向
まったく真逆の性質を持ちます。dBTechnologiesのスピーカーは綺麗系で癖がなく、少しだけハイファイ感のある出音になります。サブウーファーも強力なためベースもハッキリと聞こえます。EQの設定を変えればウッドベースの音もよく聞こえるのでJAZZ系音楽には良いですね。
BOSE(ボーズ)のL1 COMPACTはオーディオメーカーならではのパンチのある"BOSEサウンド"に仕上げてあります。どんな音源でもBOSEらしい迫力を色付けしたサウンドが出てきます。さすがにこのサイズ感・軽量感なので低音がブリブリと鳴るような感じはなく、ウッドベースは埋もれてしまいがちです。
(BOSEのスピーカーは個人的には若者向けのアパレルショップで良く聴く音質、という例えがしっくりきました。若者系ショップはBOSEのシステムが主流です。)

2.スピーカーの指向角
ES503のサテライトスピーカーは指向角がはっきりしているので、音の伝達範囲を絞り込んで狙って音を伝えることができます。スピーカー2本にすることで、ステレオセッティングすることも。1本のスピーカーでカバーできる範囲は限定的になります。しかしながら、マイクの位置でハウリングを防ぐことができます。
BOSEのL1 COMPACTは1本のキャビネットの中に色々な角度を付けたスピーカーが組み込まれているため、1本のスピーカーとは思えないほど広範囲へ音を届けることができます。ステレオ感はありませんが空間に溶け込むような自然に音が鳴っているように耳に届きます。

3.音圧レベル
dBTechnologies ES503:121dB
BOSE L1COMPACT:112 dB

スピーカー選びにおいて重要となる実際の音圧レベル。数値で表すとたった3dBの違いですが、2.8倍の音圧レベルが出ていることになります。

4.重量
dBTechnologies ES503:約20Kg
L1 COMPACT:約13.3kg

■総括
イベントやセミナー、会議での音声をハッキリと狙って届けたいような現場にはdBTechnologiesのES503を、
音楽が空間に溶け込ような、あくまで盛り立て役に徹するような用途にはBOSE L1 COMPACTをお勧めしたいです。

dBTechnologiesは1974年に電気エンジニアリング会社として創業したAEB INDUSTRIALE社(本社:イタリア・ ボローニャ)のオリジナルブランドとして1990年に市場に初登場して以来、その高い技術力に裏付けされた 高品質なデジタルアンプを搭載したアクティブスピーカーが世界100ヶ国以上で高い評価を受けており、 アリーナ、放送局、ホール、劇場など様々な場所で使用されています。
その企業理念としてマーケットリサーチ、開発およびデザインに多額の投資を行う事が掲げられており、 積極的に新技術や新製品の開発を行っています。さらには、試作機の製作から、各種開発テスト、認証 機関向け検査などをすべて自社で賄えるだけの設備を所有するなど、徹底した開発マネージメントシステム によって高い品質とコストパフォーマンスを実現。2006年に発売された初のポリプロピレン筐体採用のライ ンアレイモジュール DVA T4をリリースしてから瞬く間にその知名度を上げ、今ではヨーロッパ有数のプロ オーディオメーカーの一つに数えられるまで成長しました。 2016年、世界中で大きな成功を収めた後、満を持して日本市場に参入。以来、日本PA/SR市場において大きな 話題を呼んでいます。

★弊社のdBTechnologies製品は日本代理店経由の正規品です。メーカー保証も付随致します。
学校・施設の備品やレンタル機材に最適

お問合せフォーム
PageTop